詩音助産院

霧島市にある自宅開放型のマタニティケアサロンです。

TEL.090-9791-8051

〒899-4322 鹿児島県霧島市国分福島3-24-15

イベント・教室情報

2/24マタニティサポートカフェ☆親子防災セミナー

2/24 マタニティサポートカフェ

「親子の防災セミナー」

「どうやったら災害の時に妊産婦と子どもを守れるか」を

産婦人科医師で防災のスペシャリストの

吉田穂波先生にご講義いただきます。

 

母子は「公衆衛生」の中の

「危機管理」という領域の中の、

「災害時要配慮者」の中で

一番少ない(人口比0.8%)弱者であります。

全体から見ればごくわずかなケースです。

地域や行政の方にとっては、

もっと他に何とかしなければいけないことや、

大多数の方が影響を受けるような問題が

たくさんある中で、

これらの少数の方が抱える問題は

どうしても後回しになってしまいます。

しかし、子どもを守ることは、

地域の将来を守ること。

少子化の日本だからこそ、

地域を継承する次世代への災害対応策が

もっと必要です。

 

午前中の内容は受援力についてです。

一般の方々むけの内容です

「助けを求め、助けを受ける心構えやスキル」は

普段の育児でもつかえる技術であり、

災害時には支援を受け取れる力になります。

 

第2部は、支援者向け。

妊産婦さんや赤ちゃんには

災害時にどんなことが起こりやすいのか、

何が必要なのかを、

公衆衛生に関わる産婦人科医として

情報提供していただきます。

震災時に乳幼児や妊産婦を

どのように支援していけばよいかを学びます。

 

日時 平成31年 2月 24日(日曜日)

時間:受付開始 9:40

         第一部 10:00 ~12:00

         交流ランチ会  12:00~13:15

         第二部 13:30~15:30

場所 霧島市シビックセンター多目的ホール

(霧島市国分中央3-45-1)

受講料 

一部 1500円

一部と二部6500円(昼食代込み)

内容

第一部「どう助けてもらう?」

・助けられ上手になれる「受援力」ってなぁに?

・子を抱えた状態での助けの求め方、受け入れ方

・災害の現場で実際に起こった事を聞き、災害についてイメージしてみよう。

・普段から災害に備えてできること

午後→「どう助ける?」

支援対象者の受援力を引き出す関わり方

・過去の災害支援の現場の実際

・現場レベルの動き方や連携のあり方

・職種や機関で連携する上で、持っておくと良い共通認識、支援のスキル

・支援対象者や支援者間の日常的なコミュニケーションと非常時のコミニケーション

 

申し込みフォーム

https://ws.formzu.net/fgen/S95716985/

マタニティサポートカフェ鹿児島事務局

詩音助産院 090-9791-8051

msc.kagoshima@gmail.com

 

講師:吉田 穂波(よしだ ほなみ)

産婦人科医師,医学博士,公衆衛生修士。

日本での臨床経験はもちろんドイツとイギリスで産婦人科及び総合診療を学び、帰国後は女性医療の推進に携わった。

ハーバード公衆衛生大学院にて公衆衛生修士号を取得。その後、安倍フェローシップを得て同大学のリサーチフェローとなり政策研究に取り組む。

2011年の東日本大震災では産婦人科医として妊産婦や新生児の救護に携わる傍ら,災害時の母子保健整備の必要性を感じ,人財育成,政策研究やガイドラインの作成に関わるなど、母子保健レベルの向上に尽力。2018年より現職。4女1男の母

著書に、『「時間がない」から、なんでもできる!』(サンマーク出版)、『「つらいのに頼れない」が消える本――受援力を身につける』(株式会社あさ出版)ほか多

 

 

 

12月授乳フォト報告

本日は12月授乳フォト撮影会!

可愛い赤ちゃんが来てくださいました。

ママフォトグラファーミユキさん、

今回も赤ちゃんと同じ目線で撮影。

赤ちゃんの見てる世界が見えます
五カ月のママさんのご感想に

「なんか本当にステキな時間で、

またより一層息子が可愛く思えました!」

といただきました。
二カ月のママさんは、

いつも赤ちゃんが泣いてばかりで、

今回も泣くんだろうなと不安でしたが、

撮影の間は泣かずびっくりしたとのこと。

素敵な写真が残せて良かったと

言っていらっしゃいました。

 

育児の光景は
来月は1/24の午前中開催です!

 

 

夫婦コミュニケーション講座なのになぜ不登校支援?

 

詩音助産院も来年でまる6年

最初出会った親子は来年は小学生。

 

成長とともに少し楽になる部分もあるし

親には見えない子どもの世界ができる。

新しい課題もでてくる。

 

そんな課題の一つに不登校もある。

今回、12/1にりかさんに講演を依頼したのは

お母さん達の頼り先を増やしておきたいから。

 

不登校で悩んだとき

「あっ、あのときの人に相談」って

また思い出してほしいから。

 

りかさんは実践者。

ライセンスがあるからではなく、

実際に活動していて

ココミライズという受け皿で

ひろく子どもを救っている

 

根を張った活動をしている彼女。

根を強くしているのは

自身の辛い経験。

だから、彼女はとても優しい。

りかさんのメッセージはこちら

12/1 セミナー講師りかさんのメッセージ

夫婦コミュニケーションの講座なのに

なぜ不登校?

 

って理由はここ。

 

産後クライシスも

子どもの不登校も

やっぱり根は同じだから

 

 

12/1 家族心理育児セミナー

育児が楽になる家族心理・育児セミナー

  「子どもが笑顔で育つ家庭つくりのための

                       夫婦コミュニケーション」

                 ~夫婦で言いたいこと言えてますか~

 

 

赤ちゃんが産まれて

家族が増えて幸せなはずなのに

夫婦でいいたいことが言えない

うまく伝わらない

全部自分で抱えてしまう

今まで気にならなかった

相手の言動にイライラする

こんなことありませんか?

 

 

夫婦は育児のチーム!

チームが機能して

お母さんの心身が楽になると

子どもも楽になります。

 

 

産後のモヤモヤした夫婦関係や

上の子との親子関係が

スムーズになるよう

知っていてほしい知識です!

 

 

●日時 平成30年12月1日

13:30から15:30

(受付13:15から)

 

●場所 国分パークプラザ大会議室

霧島市国分中央三丁目9番20号

(国分パークプラザ2階)

 

●受講料 1500円(事前振込みになります)

 

●定員30人

 

●乳児入室可。

一歳以上のお子様は有料託児施設が同会場にあります。ご本人でキッズパークに事前にお問い合わせください。

※濃密な内容となってます。ぜひ、しっかり学んで欲しいので、一歳以上のお子様は預けてお越しください

●講座内容

・家族という人間関係

・自分ばっかり損している不満

・ノーと言えない心理

・お母さんの心が軽くなるワーク

・出生順位と性格傾向

・不登校支援の現場から思うこと

●講師

内野里佳先生(家族心理カウンセラー)

日置市で「MAMA&CHILD」というカウンセリングサロンを開設

日置市の不登校支援をはじめ、子どもの悩みや不登校児を抱える親の相談に数多く当たる。

学童保育も運営し、地域に密着して支援にあたっている

☆お申込み方法→お電話やフォームからお申込みください

https://ssl.form-mailer.jp/fms/b487bb36558240

 

 

 

 

 

http://<a href=”http://www.form-mailer.jp/” target=”_blank”><img src=”http://www.form-mailer.jp/img/banner_g01.gif” alt=”SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー” border=”0″ /></a>

12/13 プロフォトグラファーによる授乳フォト撮影会

プロフォトグラファーによる授乳フォト撮影会

普段、なかなかお写真に残す機会がなく

卒乳ママ達も撮っておけばよかったと

あとで後悔されたとの声もいただきます。

写真館でも授乳フォトはないメニューです。

 

 

日時

h30年12月13日  木曜日
10:00から12:00
場所

詩音助産院
費用 4000円
定員 4名
対象 授乳中の母子(男性は入室できません)

内容
・ママさんフォトグラファーミユキさんの授乳フォト撮影

*授乳は命を育み、愛情をはぐくむ営み。

母子が共同で行う命の営み。

授乳は育児が終わっても、

思い出すとじんわりと

心の中に愛おしさがつのってくる

貴重な時間です。

助産師としては、

美しい授乳の姿をぜひ残して

大きくなったときに

お子様に赤ちゃんの時のことを語って欲しいです
また、写真をみて、

お母さん自身も元気をもらってほしい。

育児は思い通りにいかないことの連続

辛いときにきっと助けになります!
そう考えています。

お申込みは問い合わせからお待ちしております

育児塾☆家族心理・育児セミナー

 育児が楽になる家族心理・育児セミナー

「子どもが笑顔で育つ家庭つくりのための

夫婦コミュニケーション」

~夫婦で言いたいこと言えてますか~

赤ちゃんが産まれて

家族が増えて幸せなはずなのに

夫婦でいいたいことが言えない

うまく伝わらない

全部自分で抱えてしまう

今まで気にならなかった

相手の言動にイライラする

こんなことありませんか?

夫婦は育児のチーム!

チームが機能して

お母さんの心身が楽になると

子どもも楽になります。

産後のモヤモヤした夫婦関係や

上の子との親子関係が

スムーズになるよう

知っていてほしい知識です!

●日時 平成30年12月1日

13:30から15:30

(受付13:15から)

●場所 国分パークプラザ大会議室

霧島市国分中央三丁目9番20号

(国分パークプラザ2階)

●受講料 1500円(事前振込みになります)

●定員30人

●乳児入室可。

一歳以上のお子様は有料託児施設が同会場にあります。ご本人でキッズパークに事前にお問い合わせください。

※濃密な内容となってます。ぜひ、しっかり学んで欲しいので、一歳以上のお子様は預けてお越しください

●講座内容

・家族という人間関係

・自分ばっかり損している不満

・ノーと言えない心理

・お母さんの心が軽くなるワーク

・出生順位と性格傾向

・不登校支援の現場から思うこと

●講師

内野里佳先生(家族心理カウンセラー)

日置市で「MAMA&CHILD」というカウンセリングサロンを開設

日置市の不登校支援をはじめ、子どもの悩みや不登校児を抱える親の相談に数多く当たる。

学童保育も運営し、地域に密着して支援にあたっている

☆お申込み方法→お電話やフォームからお申込みください

詩音助産院 大村

電話 09097918051

https://ssl.form-mailer.jp/fms/b487bb36558240

<a href=”http://www.form-mailer.jp/” target=”_blank”><img src=”http://www.form-mailer.jp/img/banner_g01.gif” alt=”SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー” border=”0″ /></a>

フォトカメラマンミユキさんのメッセージ

今回、授乳フォトをお願いしたカメラマンのミユキさん。

 

今は一瞬しかないけど

過去はこの一瞬が

幾重にも積み重なったものであると

私は思います

 

彼女のカメラへの想いやカメラマンになったエピソードを紹介します。

ミユキさんメッセージ!

***********************

長女の誕生をきっかけに

一眼レフカメラデビューしました。

当初は、カメラの操作はちんぷんかんぷんでした。

しかし、わが子を

かわいくキレイに写真に残したい

という気持ちから

カメラについて学びはじめました。

その後、腕試しで応募した

フォトコンテストに入賞したこともあり、

さらにどっぷりカメラにはまりました。
現在は七五三やお宮参りなどの

出張撮影をメインに、

初心者向けカメラ講座や、

スクラップブッキングとコラボ撮影会などの活動をしています。
あっという間に成長する子どもとの大切な時間を、

何年か経っても

その瞬間の思い出が蘇るように

一枚一枚心を込めて撮影致します。

 

詩音助産院授乳フォト撮影会についてはこちら

時間 10:00から12:00
場所 詩音助産院
費用 4000円
定員 5名
対象 授乳中の母子

内容
・助産師の母乳育児の話と相談
・ママさんフォトグラファーミユキさんの授乳フォト撮影

 

【11/8に変更】助産師による母乳育児のお話&授乳フォト撮影会

助産師の母乳育児のお話&プロカメラマンによる授乳フォト撮影会

 

普段、なかなかお写真に残す機会がなく

卒乳ママ達も撮っておけばよかったと

あとで後悔されたとの声もいただきます。

写真館でも授乳フォトはないメニューです。

 

また、助産師の話では授乳の基本のき!

間違った自己流で

おっぱいトラブルを繰り返してませんか?

抱き方や含ませる位置、

日頃のお悩みや迷いを

助産師がアドバイスします。

授乳ライフが楽しくなるようお手伝いしますね。

 

日時

h30年11月8日  木曜日
10:00から12:00
場所

詩音助産院
費用 4000円
定員 5名
対象 授乳中の母子(男性は入室できません)

 

内容
・助産師の母乳育児の話
・ママさんフォトグラファーミユキさんの授乳フォト撮影

 

*授乳は命を育み、愛情をはぐくむ営み。

母子が共同で行う命の営み。

授乳は育児が終わっても、

思い出すとじんわりと

心の中に愛おしさがつのってくる

貴重な時間です。

助産師としては、

美しい授乳の姿をぜひ残して

大きくなったときに

お子様に赤ちゃんの時のことを語って欲しいです
また、写真をみて、

お母さん自身も元気をもらってほしい。

 

育児は思い通りにいかないことの連続

辛いときにきっと助けになります!
そう考えています。

 

 

お申込みは問い合わせからお待ちしております

 

マタニティサポートカフェ☆暑気払いランチ交流会

☆マタニティサポートカフェ鹿児島交流会☆

暑い日が続いておりますが、暑気払いもかねてみんなで集って学ぶ交流会を開催します。

美味しい和食を囲んで楽しく元気をもらいましょう!

今までに講演会に参加した方はもちろん

マタニティサポートカフェ鹿児島に興味がある方

鹿児島の子育てに関わる専門家の方や

子育て支援に興味のある方

または子育て中の方

誰でもウェルカムです(^-^)

ミニ講座は薬剤師の吉脇あかね先生に「風邪に効かない抗菌薬⁉︎」というタイトルで最新の抗菌薬や耐性菌についてのお話をしていただきます。

寒い時期の風邪が流行る前に知っておきたい内容です

日時)H30年8月19日(日)11:30から14:00(11:20受付開始)

場所) 鹿児島県霧島市国分山下町17-16

       海鮮茶屋うを佐

会費)1500円

お子様連れオッケーです。

お申込み)msc.kagoshima@gmail.com

※件名に交流会参加希望と入れてください

氏名、電話番号、職種、お子様連れの方は人数と年齢

お電話のお問い合わせは下記へ

09097918051(大村)

産前産後乗り切り講座

昨年も大好評の

マタニティサポートカフェ鹿児島主催の

「産前産後乗りきり講座」

6月から開講します

 

 

 

妊娠中から産後までの見通しがたつので、

妊婦さんには特に

420.gif

オススメです。

もちろん産後の方々もご参加いただけます

53.gif

・困ったとき、頼れる専門家はどこにいるの?

・霧島市にはどんな専門家がいるの?

という情報もお伝えしています。

■□■□■□■□■□■□■□■

77.gif

こんな方にオススメ

77.gif

☆産前から準備したい

☆赤ちゃんがいる生活が想像がつかない

☆困った時の解決方法や頼り先を知りたい

☆上の子や支えてくれる家族の負担を減らしたい

■□■□■□■□■□■□■□■

担当メンバーは、

助産師、保育士、栄養士で構成されています。

妊娠出産はもちろん、上の子やご主人、サポートしてくださるご家族のことも考えながら出産準備が必要です。

栄養についてもそうですね、お腹の赤ちゃんにも、周りのご家族にとっても大事なことです。

「妊娠中に専門家に繋がれてよかった」

「妊娠中に知りたかった」というお声を多数いただいております

349.gif

今年の6月から来年1月まで

◆毎月開催

Day 1(ランチ付)

Day 2

2回セットの講座です。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【開催日】

※どの日程からの参加でも可能です

[2018年](全て金曜日)

6月→8・22

7月→13・27

8月→10・24

9月→14・28

10月→12・26 

11月→9・30 

12月→7・21 

[2019年]

1月→11・25

【時間】

◆Day 1 9時30分~13時

・産後を乗り切るために知っておきたいこと

・助産師による妊娠中・産後の心と体のお話

・ステップが見える産後養生のお話

・栄養士による食事の話、だしの風味薄味を体感実習、食べるお口の体験(お弁当)

◆Day 2 9時30分~12時

・母乳育児のお話

・助産師からのおっぱいチェック(希望者)

・保育士の赤ちゃんについてのお話、上の子の赤ちゃんがえりや関わり方について

【参加費】3000円

(講座2回分、資料代代含みます)

【お申し込み方法】

お申し込みは、専用フォーム こちらから

■□■□■□■□■□■□■□■□■□

51.gif