詩音助産院

霧島市にある自宅開放型のマタニティケアサロンです。

TEL.090-9791-8051

〒899-4322 鹿児島県霧島市国分福島3-24-15

ブログ
詩音助産院のブログです。教室の様子やお知らせなど、随時更新してまいります。
リニューアル前のブログはこちら

ブログ一覧

11月12月のベビーケア教室

「ベビーケア教室」

ベビーケアは、赤ちゃんの発達段階に応じた姿勢と赤ちゃんの気持ち良さに着目した育児法です。

赤ちゃんの姿勢を育てる抱っこや授乳、寝かせ方の工夫、

赤ちゃんの体のバランスを整える遊び・体操を実習します。

丸く寝かせる・丸く抱っこするまんまる育児法。

泣いている赤ちゃんも、この方法だとスッと寝れるお手伝い。

家族みんなでできる育児法です。

ママはもちろん、パパやお孫さんを迎えるお母様も大歓迎です。

当日は会場にておひな巻や赤ちゃん用枕の販売もいたしております


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
⚫︎霧島市会場⚫︎※※※※※※※※※※※※※※※※※

(日時)

令和2年11月7日(木)10:00から12:00

令和2年12月4日(金)10:00から12:00.

令和2年12月19日(土)10:00から12:00

詩音助産院
霧島市国分福島3-44-39-12

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

(受講料)
お一人様3000円(ご夫婦、親子でお申し込みの方はベビー用枕プレゼント)

(持ち物)
バスタオル2枚
ハンドタオル1枚
おひなまき、大判のガーゼおくるみ
筆記用具

(申し込み方法)

お問い合わせよりお申し込みください

(申し込み期限)
教室参加の3日前の17時までとさせていただきます。(直前の場合はご相談ください)

*ただし、定員に達した時点で、受付終了となります。それ以後はキャンセル待ちになります。

まんまる育児についての過去の記事
まんまる育児

11月12月トコちゃんの骨盤ケア教室

トコちゃんの骨盤ケア教室

腰痛・恥骨痛・尿漏れなど、症状がある
・トコちゃんベルトについて知りたい、持ってるが使い方がわからない
・お産に向けて骨盤を整えたい
・産後の骨盤ケアが知りたい
・妊娠前に骨盤ケアの方法が知りたい

女性なら気になる骨盤のこと。

妊娠中・出産・産後は骨盤が大きく変化します。

この時期は骨盤を緩ませるホルモンが出ているため、骨盤が”緩む”ことで”ゆがみ”を生みます。

しかし、妊娠・産後の時期は骨盤をリセットするチャンスの時期です!

骨盤ケアをして、整えていきましょう。

「骨盤ケアって何」にお答えする骨盤ケアの基本講座です。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

腹直筋離解の妊婦さん。この方は骨盤も腹筋もケアが必要です

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
⚫︎開催日時⚫︎※※※※※※※※※※※※※※※※※

(日時)

令和2年11月14日(土)13:30から15:30

令和2年12月12日(土)13:30から15:30

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※場所

霧島市国分福島3丁目44-39-12

詩音助産院

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

(定員)
4名(密を防ぐため、通常の半分の人数で開催します)

(教室の内容)

・骨盤ケアとは
・骨盤ケアが必要になった現代女性の骨盤事情
・骨盤を歪ませない日常生活の注意点
・骨盤、体の歪みのチェックをして自分の体を知ろう
・ゆがんだ骨盤を体操で整えよう
・骨盤高位、緩んだ骨盤をベルトで支えるデモスト
・講座前後の体の変化を体感しよう。

(対象)
・妊婦さん
・15歳以上60歳未満の一般女性
・産後28日以降の産後の方

1)妊婦さまの注意点

*スムーズに歩行できる方

*教室参加は自己責任でお越しください。体調が気になる時は主治医にご相談ください

(お願い)

※女性限定の教室です。男性の参加はご遠慮ください

※実習の多いクラスです。動きやすい服装で起こしください。
骨盤のチェックやトコちゃんベルト着用実習があるので、チュニック等お尻を覆うものは実習しにくくなります。

(準備してほしいもの)
・筆記用具
・バスタオルとフェイスタオル
・お持ちの方はトコちゃんベルト、さらし

(受講料)
3000円
※1200円相当の教材付き(トコちゃんの腹巻きLL1枚)

※当院取り扱い商品10%offチケットプレゼント

(申し込み方法)
ホームページのお問い合わせ、電話での申し込みを受け付けております。

(時間帯によっては、電話に出られないことがあります。)

(申し込み期限)
教室開催日の2日前の午前9時までとさせていただきます。

*ただし、定員に達した時点で、受付終了となります。それ以後はキャンセル待ちになります。

詩音助産院

協力:トコちゃんドットコム

2人目ママからのメッセージ

大村さんのおかげで心と体が楽に、二人目育児を楽しめています。

大村さんと出会ったのは一人目の妊娠後期、腰痛・股関節痛がひどい時でした。ケアを受けた直後から体が楽になり、早く来ればよかったと思ったのを覚えています。

二人目の妊娠が分かった時は喜びとともに上の子もいて、大変だった産後3ヶ月を乗り越えられるかとう不安が大きかったです。

二人目は初期から骨盤ケアにお世話になりました。定期的にケアしてもらうことで、妊娠後期でもほとんど体の痛みがなくお産に臨むことが出来ました。

産後は私の骨盤ケアはもちろん、赤ちゃんの育児、発達も見ていただきました。胎児期からのケアのおかげか産まれてきた赤ちゃんはまるまる育児でよく寝てくれ、いつも機嫌のいい赤ちゃんでした。産後の体も一人目の時とは格段に痛みがなく、心に余裕がもてました。その余裕からか二人目にして育児ってこんなに楽しかったかな?赤ちゃんってこんなに可愛かったかしらと感じる毎日でした。

また里帰り中やおっぱいのトラブル、家事に困った時はそれぞれ他の施設を紹介していただきました。困った時にはここに頼ればいいと思える選択肢を持つことがさらに心に余裕がもてた一因かなと感じました。

産後の家事は「頑張れば」出来る事が多いです。ですがそこで頑張り過ぎずに頼れることは周りに頼って頑張り過ぎないことも大事だと思います。二人目の今回は家事を頑張り過ぎない分、赤ちゃんと向き合って可愛い瞬間をしっかり堪能出来たのではないかと思います。

また助産院に定期的に通うことで日頃のちょっとした心配ごと、気になっていることを解消してもらえました。何気ない会話から気持ちが軽くなることも多かったです。

二人目の授乳も終わり、子どもが歩き始めて助産院も卒業になってしまいました。
大村さんがいらっしゃらなかったらこんなに楽しいマタニティライフ~二人目育児を経験することは出来なかったと思います。
本当にお世話になりました。
ありがとうございました。

授乳フォト撮影会9月

授乳

それは

日に何度も繰り返される

いつもの光景

おっぱいでもミルクでも

卒業があって

いつか終わりが来る親子の営みの時間

思い出すと

心は温かくなる

特別な時間


時間とともに記憶はぼやけていってしまうけど

体や心に残っている 寄り添った温かな温度感

そんな育児の記憶を記録に残しませんか?

写真家のミユキさんが

目には見えない暖かな温度や柔らかなまなざしも

一枚の写真に表現します

日時:令和2年9月30日(水)10:00・11:00

場所:詩音助産院(霧島市国分福島3丁目44-39-12)

定員:2名(感染対策のためにずらして撮影します)

予約制(詩音助産院お問い合わせからお申し込みください)

料金:8500円

サービス内容

授乳フォトとベビーフォト(30カット)+プリント写真2枚+データ渡し

  • ママの撮影時の衣装の貸し出しサービス(レース生地のドレスと授乳服着衣バージョンと選んでいただけます)
  • 赤ちゃんの月齢フォト
  • ママと赤ちゃんのふれあいフォト
  • 写真を飾っておけるよう紙にプリントして後日郵送サービス
  • 修正後データーでお渡しします
日常の雰囲気を残したい方は授乳服バージョンも。
授乳服ブランドmo-hausu
神秘的な雰囲気を
残したいときは
レース生地のバージョン

フォトグラファーのミユキさんのホームページはこちら(ミユキさんは明治安田生命のコンテストでグランプリを受賞した実績のあるプロの写真家さんです)

https://nicottophotography.amebaownd.com/

感染症対策として下記を実行します

  • 一時間ごとの換気
  • 撮影使用物品の消毒
  • 一時間におひとりと予約枠を通常の半分にして予約の時間が重ならないように対応
  • スタッフはマスク着用。来所時に体温計測をします

次女の自由研究で防災のための車中泊してみた


夏休みの宿題

自由研究

人吉災害のニュースをみて

ハザードマップでも

24時間に800mm近い雨が降ったら

浸水被害がある地域の我が家も

他人事でなく

娘と災害について話してたら

逃げないと!

になって

自由研究の題材にしました


車中泊を少しでも快適に過ごせるよう


睡眠と

プライバシー確保に配慮することを考えてみました

車で寝るために
自分の車のシートは
どんな風に動くのかの確認と実際動かしてみる


シートをフラット化して平らな寝床作り

人数を考えた眠り方のバリエーションを試し
なんとか体が休められる寝心地になるよう考える

今回は雨めちゃ降ってて

とにかく雨に浸からない所に逃げる想定

エンジンは付けて寝ることにしました

エンジンって車中泊では切るように

準備や態勢を備えるようです


頭を向ける方向で
エンジンの振動が違う

エンジンかけないときのシュミレーションは
ここで覆され
また寝床をカスタマイズ

エンジンかけてから事前準備すればよかった!

車の収納スペースの確認
避難グッズを載せられる量が決まる

ただでさえ狭いのに
平時から車に要らないものが乗ってると大変!
そうじも備えになる

目隠しは養生テープで

タオルや毛布を貼ってみたけど
朝には剥がれて落ちてた!

長女は腰が私は首がいたい


次女はスッキリ!どこも辛くない


寝る場所や身長で寝床のカスタマイズが必要そう

今回は1晩でしたが
発見や備えについて考えるいい機会でした