詩音助産院

霧島市にある自宅開放型のマタニティケアサロンです。

TEL.090-9791-8051

〒899-4322 鹿児島県霧島市国分福島3-24-15

骨盤ケアのこと

【ケアレポ】妊婦さんのお腹はまんまるで

助産師しおんです。

ケアレポです。
………☆………☆………☆………☆………☆………☆………☆

経産婦さん

お腹が張りやすく自宅安静中。

詩音助産院には2ヶ月前に

尿漏れやむくみ、お腹が下がっているとのことで来院。

尿漏れはケア後からは楽になったとのこと。

お仕事もしていました。

ところが最近お引越し。

その後から体調が悪くなり

安静になりました。

お腹をみると、

お腹は左に赤ちゃんが寄りすぎていました。

お腹も柔らかくないので

お腹なサイドに影もあります。

お腹が歪んで左右差があったので

まんまるで上がったお腹を目指してケア。

image

ちなみに左がケア前です。

ケア後はおへそも真ん中に寄ってます

横姿も変わりました

image

ケア前は腰が反ってたのが、

頭が骨盤に乗っていて、

腰も反らず、まっすぐ立ってます。

image

足も開いていたのが、

足の間もくっつきました。

特に立ちかたは指示してないです(^ー゜)

この効果をキープできるよう

トコちゃんベルトやさらしの使い方を説明して

ケアは終了しました。

………☆………☆………☆………☆………☆………☆

引越し後はお腹張る方多いです。

無理しちゃうんだろうなぁ

お引越しなど環境の変化のある方。

骨盤を守りながら

変化に対応しましょう。

骨盤ケア教室でお伝えしています。

トップ

地震のストレスで骨盤も不安定に

今週の月曜日は病院での骨盤ケア教室でした

骨盤の緩みのチェックを毎回するのですが、

びっくりしたことがありました。

30週の側湾症をお持ちの初産婦さん

骨盤はなんと6センチ近く緩んでいました。

5センチ以上は緩みすぎ!

お腹も下がってました。

ただ彼女は、

教室の開催の一週間前から

トコちゃんベルトをつけていて、

主訴の腰痛は教室時には軽減していました。

しかし地震後から尿が止めにくい感じがでてきたとのこと。

初めてお会いした時のコンディションで、

もし今回の地震のストレスを受けていたらと思うと

想像するのも怖いです((((;゚Д゚)))))))

彼女いわく、

*地震が連日あり、緊急地震速報と余震の恐怖で寝不足

*地震のニュースをずっとテレビをつけて1日中流している

*スマホで検索して長時間猫背姿勢でいた

*旦那さんも夜勤で一人で家にいるから怖い

彼女には、

地震はいつ来るかは今は分からないから、

その時に身を守れるよう備えはしておく。

そして

あなたのお産は必ず来るので、

産んでいい時期に出産になるように

妊娠の維持とトラブルの予防、

お産に向けた産道整備を行うことといった

身体の準備を強調しました。

教室では

・ベルトを着けてお持ちのさらしでお腹を支えて体を守ること

・体操で身体を整え症状の対応をすること

・日常生活で身体を歪めないよう気をつけること

・骨盤高位をまめにすること

を実践できるようお伝えしました。

また、

・身を守るために地震のニュースを集めてもいいが、漫然と1日中流しっぱなしにはしない

・地震への物や安全への備えはして、ご主人不在時の漠然とした不安に対応しておく

ことも合わせてお話ししました。

東日本大震災の時は三重県で勤務してましたが、

あの時も妊婦さん達は

冷たく下がって元気ないお腹になっていました。

身体は心と繋がっています。

不安定なコンディションは

身体の不調を起こしやすくなります

ぜひ、トコちゃんベルトをお持ちの妊婦さんは

ベルトを使って身体を守ってください。

身体の備えに骨盤ケアは必ずお役に立てます

隣県の鹿児島でもこのような様子なので

熊本の妊婦さんは

より辛い心身のコンディションだと思います。

地震が早く落ち着くこと

必要な支援が行き届き不便な生活が解消されることを望みます

 

_______________________________________________

骨盤ケアはこちらの教室でもお伝えしています

トコちゃんの骨盤ケア教室

産後ママさんケアの変化

久しぶりに施術にお見えになった産後のママさん

育児中は抱っこや授乳など

同じ姿勢を一日に何回もします

こちらのママさんは育児プラスデスクワークをすることも多く

施術前はまっすぐ立ってるつもりがこんな姿勢

左が施術前、バナナ状に側屈してます

image

施術後はまっすぐ

後ろ姿はこんな感じ
image

腰も楽になってお尻も上がって足も寄せやすくなったとのこと(^ ^)

image

前にお腹を突き出して立ってましたが

まっすぐに立てて姿勢もよくなりました。

痛みは無い身体メンテナンスが目的の施術のママさんでも

こんなにしんどい姿勢で育児や家事・仕事をされています

痛みのある方はなおのこと大変です

自分の身体のセルフケアの知識は健康管理では必須

ぜひ、骨盤ケア教室で骨盤を守る生活の仕方について聞きに来てください

また気力体力が消耗してる方は

先に施術からでもお待ちしています

辛いときは我慢せず頼ってくださいね(^ ^)

湧水町の産後ママの教室☆ご報告

詩音助産院の助産師の大村です

去年から湧水町で妊婦さん、産後ママさんの教室を年三回担当させていただています

午前は産後クラス!

image

妊娠・出産のダメージを回復し育児しやすい身体をつくろうを合言葉に

☆妊娠・出産に伴う身体の変化

☆育児しやすい姿勢のポイント

☆授乳・抱っこの姿勢のコツとグッズ選び・使い方

☆骨盤体操

☆骨盤底筋と骨盤の底の意識の仕方

をお伝えしました

image

さらに湧水町の産後クラスは託児つきなので

久しぶりに自分一人の身体と時間が戻ってきて

お話にも実習にも集中出来た様子でした

image

次回は1月開催

湧水町の方のみですが

当助産院の骨盤ケア教室は毎月行っているのでぜひお越し下さいね

骨盤ケア教室については詩音助産院のホームページのニュースをご覧ください

骨盤ケアで切迫早産妊婦さんのお腹が柔らかく上がった!

詩音助産院の助産師の大村です

詩音助産院では産前・産後の整体で身体のコンディションを整えるお手伝いをしています

こちらの妊婦さん

切迫早産で自宅安静中です

切迫早産の方はお腹が下がって硬く

形もトウガンのように細長い方が多い印象です

この妊婦さんもそのような典型的な切迫早産のお腹

image

お腹が下がってるので子宮の両脇に影ができています

形も細長く触っても硬そうな感じです

この日はお腹も張っていたので

お身体への手技は控えめにし

ベルトやさらしでの腹筋支持、体操をお伝えしました

ケアもこうしてお腹の張りに合わせて行います

ここが助産師の観察力の強みです( ̄+ー ̄)

ケア前後ではこのように変化

image

二週間後2度目のケア時は

体調もよくなり身体も軽く生活できているとのことでした

彼女は前回の施術後に骨盤ケアの本を買って

熱心にセルフケアに励んでいたのでケアの効果をキープできているばかりか

前よりお腹が丸く上がってます

やっぱりちゃんとケアを生活に取り入れてくれている方は

変化がありますね(≧∇≦)

この日のケアもお腹が柔らかく上がるように骨盤周りをはじめ

肩や首など全身を調整しました

二回目の施術前後の変化はこのような感じ

image

お腹が丸くなり質感も柔らかくなってます

パーンと弾けそうな風船が柔らかくなった印象

ちなみに一回目のケア前と二回目のケア後はこれ位違います

image

こちらの妊婦さんは華奢で

身体を支える力は元々弱いので

良くなっても油断は禁物お伝えしてこの日のケアは終了しました

彼女が「もっと早く知っておけばよかった。みんなにもっと骨盤の大切さを知って欲しいですね」

との思いから

骨盤ケアの重要性と効果をもっと広く知って欲しいと

今回お写真を提供してくださいました

一目瞭然で言葉はいらない位

説得力のある事実を語る一枚です

お腹は赤ちゃんが育つお城です

ふんわり上がったまるいお腹が赤ちゃんの居心地のいいお腹です

またふんわりお腹の妊婦さんはトラブルも少なく

妊娠生活を楽しむ余裕があります

私の元にはわらをも掴む困った状態で相談に来る方がまだまだ多いです

ただそうなると安静状態になっていて制限があります

助産師としてはトラブルを起こす前にお手伝いがしたい

何も今トラブルがない人も妊娠したら”準備”の一つとして

骨盤ケア教室にお越しください

必ずあなたの妊娠生活の体調管理のお役に立てる内容をお伝えできます!

妊婦さんのお腹は上がって丸くてふんわり

助産師しおんです

ママのお腹は赤ちゃんのお部屋

赤ちゃんの居心地のいいのお腹って考えたことありますか?

詩音助産院がお伝えする健康的な妊婦さんのお腹は「三つのふんわり」

☆ふんわり柔らかいこと

☆前からみて左右均等でスイカのようにふんわり丸いこと

☆横からみてお腹の頂上を起点に上下均等に丸くふんわり上がっていること

この中で「丸くふんわり上がっている」の大切さを実感したことが最近ありました

この女性は助産師しおんですが

私は妊婦じゃないです

大きなお腹、実は太ってしまい自腹です…

というのは冗談です(^-^)

イベントで妊婦体験ジャケットを体験しました

妊婦さんは非妊時より約10キロの体重増加があり

体のバランスも大きく変わりバランスも不安定になります

今回の妊婦体験ジャケットの重さは8.5キロ

臨月を想定した重さと大きさです

実際にお腹の重さを体感することで

お腹の重さと体の不安定さを実感してもらい

妊婦さんへの理解といたわり、手助けという行動ににつながることを目的としています

妊婦体験コーナーのスタッフの方がお手伝いしてくれて着用

下めにつけてくれたせいかお腹が重い

腰痛い…

お腹を支えたい…

ちょっと上げてみました

体のバランスがとれ楽になりました

お腹が上がってるか否かでこんなに違うんですね

姿勢も変わりますね

安定するし軽く感じます

これだと安産目指して散歩もドンドンできそうです

ちなみにこれは番外編

私の第一子妊娠中に主人が実際に妊婦体験ジャケットをきたものです

ただ、うちの主人は自衛官なので

10キロのジャケットは軽かったらしく

「なんだ見た目より軽いな-。

俺仕事の時、20キロのリュック背負って一晩中歩くぜ( ̄+ー ̄)」

とか言ってました

がっかり_| ̄|○

リュックは背中に背負うけどお腹は前に重さはあります

しかも中身は軽くならず日々重くなり

日々仕事で鍛えてる自衛官と違って

妊娠するまではバックより重いものを持ったことない女性が

24時間ずっと米袋並みの重さを抱えてるわけですので負担は大きいんです

体力自慢の男性にはうちの主人の場合みたいなこともあるので

我が家のエピソードを紹介しました

だいたいのご主人の感想は

妊婦体験によってお腹の重さを実感したとの声が多数です

ちなみにうちの主人はこんな発言もしましたが協力的でした

それは妊娠によるからだの変化

特に骨盤が緩むことについて話をしていたからかもしれません

でも、一番は

第一子の妊娠中は骨盤ケアに真剣に取り組んでいたので

不調知らずで

特別に主人に協力を依頼することが少なく

主人の手助けに対しても受け入れる余裕があったのも

大きいかもしれません

(ただ第二子の時は身体がめちゃきつかったー。

骨盤ケアで開業するに至ったきっかけでもある第二子妊娠、育児の話はまたの機会に)

ふんわり上がっているお腹作りは

トコちゃんの骨盤ケア教室でもお話しています

ママも赤ちゃんも快適お腹作りについてお伝えします

妊娠前から知っておきたかったと産後ママから多く聞かれるこの講座

ぜひお越しください

詳しくはトコちゃんの骨盤ケア教室のカテゴリーで検索ください

詩音助産院のシンボルマーク

詩音助産院です。

これは詩音助産院のシンボルマーク

image

このシンボルマークには5つの「S」が表現されています

一つはSHION(詩音)のS

詩音は私の可愛い娘から一字ずつ取って名付けました。

この助産院は私の三人目の子どもみたいなもの

この助産院が地域の役にたつよう大切にしっかり育てていかなくてはと考えています

052

二つめはS字状の脊柱カーブのS

屋根から土台に伸びてるリボン

背骨のS字状カーブを表現しています

体のバランスが安定するには

このS字状のカーブが保たれていることが大切

しかし骨盤は妊娠するとホルモンの影響で緩んで不安定になります

するとこのカーブが崩れ

骨盤は背骨をしっかり乗せていられなくなり

なんとかバランスを保とうとします

無理によって身体はゆがみや痛みを引き起こし

生活の質は低下してしまいます

このバランスも人それぞれ

その人らしく生活できるよう

その方の声に耳を傾け

デリケートな心身に寄り添いながらケアを提供します

3つ目は健やかのS

妊娠、出産、育児は女性にとって何度とない貴重な時間

この時間を心身の健康を損なうことなく

健やかに楽しんでほしい

それが医療者として詩音助産院ができることだと思います

image

4つ目はサポートのS

積み木の土台に結んであるリボン

この土台に巻かれたリボンは骨盤ケアの支持アイテムでもある

トコちゃんベルトやさらしをイメージしています

これらは緩んだ骨盤のサポートのために使います

助産師の知識と技術と経験であなたをサポートします

そして最後は幸せのS

母子とそれを取り巻く周りのご家族の幸せが詩音助産院の一番の願い

健やかな母子の幸せは社会の幸せ

詩音助産院は心身が大きく変化する妊娠・出産・産後の時期を骨盤ケアでサポートします